2017年10月12日

アディーレ

アディーレが業務停止2か月になったが、業務停止ということは、事務所としては何も出来ないわけで、経営上大丈夫なのかな、という点が特に気になっていたりする。
というのも、普通、会社が2か月の間、「何もしてはいけない」となったら、つぶれるんじゃないかな、と思うからだ。経営危機にある会社でも、倒産状態になるまで何もしていないということはないわけで。お金の方が大丈夫だとしても、その間、何もできなかった、依頼者に新しい弁護士を探す負担をかけてしまったこと等による信用、信頼に対するダメージは非常に大きいと思う(普通の会社が、2か月間サポートほったらかしにしたら、ザッケンナコラー!に普通はなることですよね?)。経営的にも、着手金どうするの?とは思う(一部返金とは思うが、返金するだけのキャッシュがあるかも分からないと思う。でも返金に応じなかったら、業務停止とけた後の営業に凄いダメージだとは思うな)。
そういうことを考えると、処分の重さの問題はともかくとして、処分を下した東京弁護士会が、そこまでの影響を考えていたかは、正直よくわからなくなる。

で、うちに元アディーレのお客さんが来られた場合は、当然、とりあえずお話はお伺いしようと思う。着手金についてはケースごとに相談ということで良いと思う(それぞれ事情が異なると思うので、一律の基準を決められるものでも無いと思うし)。
posted by kt at 19:20| Comment(0) | ホームページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。